安価で誠意ある対応をしてくれる岡崎市のリフォーム会社に依頼

自慢したくなる家

article

テラスのある家

リフォームを楽しむ

我が家が昨年施工した、リフォームは楽しみで一杯でした。具体的には、以下のようなリフォームを施工しました。①キッチンを対面式に:今回のリフォームの1…

»more

太陽光発電を屋根につけている家

リフォームするならトイレをしたい

そろそろトイレをリフォームしたいです。うちのトイレは座ることはできるのですが、座った位置がちょっと合わないと感じていました。便器の高さが少し低いのです。で…

»more

両開きのドア

リフォーム業者の選び方は大切

リフォームをするとなるとどこの業者にお願いをするのか業者選びが重要になってきます。業者を選ぶ時に大切なことがいくつかあります。まず1つが、無料で見…

»more

木のおもちゃの家

団地を可愛く簡単にリフォーム

築30年程の古い団地をリフォームにチャレンジしてみました。自分でも簡単ではないですが楽しみながらできるリフォームにチャレンジしました。まずは、玄関…

»more

リフォーム業者の選び方は大切

リフォームをするとなるとどこの業者にお願いをするのか業者選びが重要になってきます。業者を選ぶ時に大切なことがいくつかあります。まず1つが、無料で見積もりを出してくれるかどうかです。見積もりで出張料金を請求される業者だとちょっと信用できないですよね。無料で見積もりをしてくれて、なおかつ感じのいい対応をしてくれる業者にリフォームをお願いしたいもので…

»more

団地を可愛く簡単にリフォーム

築30年程の古い団地をリフォームにチャレンジしてみました。自分でも簡単ではないですが楽しみながらできるリフォームにチャレンジしました。まずは、玄関を木材でヘリンボーン模様に飾りました。玄関のたたきのサイズに合わせたカットした木材に木を組み合わせてはめ込みスクリングフロア釘で固定して、ウッドワックスで仕上げました。靴箱は茶色だった扉に白くペイント…

»more

岡崎市の我が家のリフォームポイント

リフォーム予定の家とお札

地方では所得の低下もあり、新築するよりリフォームを選択する人も増えています。地域との付き合いを大事にしたいので、今の場所で生活している間取りをそのままに水廻りや設備、内装を出来るだけ金額を抑えて刷新したいと希望する人が多いようです。
岡崎市にある私の家も築24年が経ち6人暮らしが2人になり、空き部屋が出来るなど変化してきました。資金がないのであくまでも夢の話ですが、もしリフォーム出来るならば、まず水廻りで次にリビング・ダイニングですね。水廻りは年々優れたものが開発され、便利で省エネになっています。特に風呂場は床がタイル地ですぐに目地が黒くなってしまうので、あきらめてそのままにしています。汚れが落としやすい凹凸のない材質にしたいです。
リビングはマンションみたいにワンルームに集約して、そこで完結できるようにしたいです。家族が減るとリビングと隣に寝る部屋があれば事足ります。我が家は廊下があるので、壁をなくして廊下もリビングに加え広くしたいです。廊下がなくなると冬の寒さも軽減するのではと思います。贅沢をいえば床は無垢材で、壁は和紙か珪藻土ですね。アレルギーがあるので自然素材を出来るだけ使いたいです。
私は昔から馴染みの株式会社アトリエプラスさんに細かい手直しとかを頼んでいて、安価で誠意ある対応をしてもらっているので、業者選びに不安はないです。岡崎市の駅近くに住んでみたいので、リフォームした家を丸ごと移動できたら最高です!

高齢者のいる家庭こそ、浴室のリフォームを

近年の浴室の特徴としては、床が滑りにくいこと、そして、浴室が比較的浅く、足を伸ばして入浴できることです。そのため、ゆったりとお風呂に入ることができますが、高齢者がいる家庭では、床がタイルで滑りやすく、また、浴槽が深めとなっている場合があることから、足腰を痛めている高齢者は、お風呂に入りづらいケースが見られます。
さらに、古い浴室では、タイルがはがれやすくなっている場合もあり、見た目が悪いだけではなく、けがの原因となる場合もあります。高齢者のいる家庭こそ、浴室のリフォームが最適です。
滑りやすいタイルの床から、滑りにくい床にリフォームすることで、足元を心配することが少なくなります。また、深めの浴槽から浅めの浴槽に変えることで、足腰の弱い高齢者も、浴槽に入りやすくなります。また、深めの浴槽では、足を伸ばすことができず、窮屈な体型でお風呂に入らなければなりませんが、浅めで足を伸ばせる浴槽なら、ゆったりとした気持ちでお風呂に入ることができます。
さらに、床面だけでなく、壁面のタイルも新しくすることで、清潔感あふれる浴室へと生まれ変わります。浴室のリフォームを実施することで、高齢者の方はもちろん、家族全員がリラックスしながら入浴できることでしょう。

リフォームのメリットは大きい

リフォームをするメリットは、今ある建物を生かすことができるのが大きなメリットです。新しく家を建てるとなると、今ある建物を全て壊さないといけなくなります。そうすることで全く新しい建物は手に入れることはできますが、建て替えになると費用がかなりかさんでしまいます。しかし、リフォームをするなら今ある建物のいいところを生かすことができるので、リフォームをしたい部分だけすることで費用を抑えることができます。
もしも費用が足りないということでしたら、リフォームをしたい優先順位をつけてリフォームをするといいでしょう。たとえば、キッチンを最初にリフォームして、トイレは次の機会にリフォームをするという選択もできます。その時の優先順位によってリフォームする場所を選ぶということもできることから、選択肢が大きいと言えるのではないでしょうか。
全ての部分を変える必要はありませんので、リフォームをしたいポイントだけ選んで変えることができるのはメリットでしょう。また、今まで住んでいた家ですのでやはり愛着を持っています。できれば愛着のある部分を残しながら便利に変えることをしたいものです。このように考えるとリフォームのメリットは大きいです。

update list

2016/09/09
団地を可愛く簡単にリフォームを更新しました。
2016/09/09
リフォーム業者の選び方は大切を更新しました。
2016/09/09
リフォームするならトイレをしたいを更新しました。
2016/09/09
リフォームを楽しむを更新しました。
TOP